映画

新作映画「7つの会議」に覚えた違和感【ネタバレ無し+ネタバレあり感想】

どうも、@ぎゅうにくです。

池井戸潤原作、豪華俳優陣で送る7つの会議、見てきました。

半沢直樹がそのまま乗り移ったかのような展開や、サラリーマンへの考え方を揺るがすことで大反響を呼んだ今作ですが私には色々と想うところがありました。

ネタバレなしの感想、ネタバレあり感想の2つに分けてお送りしていきます。

ネタバレが苦手な方は途中でスッとブラウザを閉じていただけると幸いです。

スポンサードリンク




キャストとあらすじ

映画監督:福澤克雄
原作 : 池井戸潤
主演俳優:八角 野村萬斎
北川 香川照之

あらすじ

中堅メーカー・東京建電の営業一課で万年係長の八角民夫は、いわゆる「ぐうたら社員」。トップセールスマンで、八角の年下である課長の坂戸からは、そのなまけぶりを叱責され、営業部長・北川誠が進める結果主義の方針の下、部員たちが必死で働く中、八角はひょうひょうとした毎日を送っていた。そんなある日、社内でパワハラ騒動が問題となり、坂戸に異動処分が下される。坂戸に代わって万年二番手に甘んじてきた原島が新しい課長として一課に着任するが、そこには想像を絶する秘密と闇が隠されていた。

ネタバレなし感想

池井戸イズムが満載の映画でした。

よく言えば安定感があり、悪く言えばいつもと同じでこれでもかとキャラクターの顔芸が炸裂します。

半沢直樹を観た自分としては、香川照之は名前が変わっただけでほとんど大和田常務です。

主人公と会社が変わっただけで、無理矢理に人気なタレントや俳優をぶちこんで混ぜた半沢直樹という印象。

内容は不可解な人事と、会社を揺るがす謎に分かれていて後半へ加速感は引き込まれるものがありました。

主人公がぐうたら社員という設定も楽しく、いつになったら本気を出すんだろう?というワクワク感が常にあったのも良かったです。

サラリーマンとは何か?会社で生きるとはどういうことなのか?

そんな問いについて考えずにはいられない作品でした。

スポンサードリンク




ネタバレあり感想

ここから先はネタバレ感想になります。ご注意下さい。

正直言って、肩透かしを食らった作品でした。

キャストが半沢直樹からの使い回しは良いのですが、役割やキャラクターまで同じなのはどうなんでしょうか。

最後の御前会議にいたっては、構図も半沢直樹と同じ、結論も半沢直樹と同じで何も考えてないのか?と思わずにはいられない流れでした。

しかも半沢直樹と違って敵が明確じゃないので、なんか知らないけど実はゼノックスの「ふふふ」しか台詞がない変な奴が黒幕で拍子抜けです。

明確な悪ではなく、体制を作ったのが悪いという結論で、責任をなすりつけあって無理矢理着地させる流れはとても爽快とは言えないものでした。

わざわざキャラクター毎に回想や自分語りを入れる必要は無いですし、女性がLINEを打つシーンは表現がドラマ的であり映画の必要ある?と疑問でした。

いちいちキャラクターの内面や心情を言葉にするのも「観てる人はここまで言わないとわからないだろう」とでも言わんばかりで疲れました。

全員を豪華俳優陣にする必要もなく、誰に集中していいかわからないまま進行してたのも疲れる原因な気がします。

三谷幸喜の作品みたいなもので、とりあえず皆が好きそうな要素をぶちこんどけば楽しいでしょ?という浅さが透けて見えました。

ドーナツ泥棒のくだりは要らなかったのではないでしょうか。泥棒がいくてもドーナツさえあればミスリードは誘えたわけですから。

個人的に1番納得いかないのが、主人公がぐうたら社員という点でした。

20年前のことを引きずって、眠れない日もあった。今度は逃げない。

と言ってましたが、だからと言って20年間サボっていい理由にはならないでしょ。

告発も20年前の事故で何もなかった時にするべきで、今更するのはいたずらに見えない被害者が出る危険を増やしてただけじゃ無いでしょうか。

それに「俺が殺したようなものだ」とかドラマチックに演出してましたが、もしリコールが発覚し倒産。社員が路頭に迷った挙句自殺。とかは考えなかったのでしょうか。

見える範囲の犠牲に固執してるだけの男にしか映りません。

ずっと「サラリーマンこそ正義」で進んでますが作中ではこんな台詞があります。

「お前はやめればいいだけだが、わたしは全責任を取らされるんだぞ!」

経営者にとってはたまったものじゃありません。御前様にしても、リスクをとって大きくした会社で、2000億円の損失は冷静にしてても気が気じゃないはずです。

もしこれが、告発によって自分の身はもちろん養育費を払ってる元妻、子どもの生活がかかってるとしたら?

八角は「人命が大事でしょ!」と言えてたんでしょうか?

逆に20年間、会社に全てを捧げてきた北川が会社を裏切りネジを渡すシーンは印象的でした。

サラリーマンとして生きるため、心を殺し、必死に数字をあげ嫌われながらも耐えてきた。不正にも心が動き、人の心を持ちながらも会社の為に自分を曲げてきた。

そんな男が「心に従う正義」を声高に語るなら、わかります。

坂田の台詞はパワハラですが「権利を主張するには義務を果たしてからでしょ!」というのは今作のわたしにとっての違和感を明確に言葉にしたものでした。

正義を主張する権利は、会社の為に心をすり減らして働き続けた北川にこそあるのではないか?と。

半沢直樹が響いたのも、入るのも難易度が高い会社に入り、その中でも愚直に働き続けているバックボーンがあったからなのかもしれません。

まあ、半沢直樹は八角の20年前と言われたらそれまでですが、今作は切り方がいささか雑だった印象です。

つまらない!というより、いくらでも面白くできたのにこうなってしまったのか。という失望が大きい作品。

とはいえ、最後の八角がサラリーマンについて語るシーンは白眉でラストシーンを観るためだけに映画館に足を運んでもいい作品でもありました。

いろんな作品を建てるのも良いですが、半沢直樹の続編を早く観たいものです。

了。

スポンサードリンク